リンゴ大好き

大好きリンゴのしゅるいについて

サンふじ


りんごの王様とも言われるふじ。ふじとサンふじという2種類の名前の聞いたことがあるかもしれませんね。ふじとサンふじは同じりんごです。しかし、栽培方法の違いで、呼び名が違うのです。実を育成している段階で、実に袋をかけて栽培するのがふじ。袋をかけずに育てたものをサンふじと言います。サンとは太陽の事ですね。袋をかけることによって、傷や痛みを予防でき収穫前に袋を摂ることで、色づきがよく、見た目が抜群になります。ですから、サンふじは袋をかけないため、小さなキズやなどがあることも多いのです。

 

しかし、太陽の光をいっぱい浴びて、雨や風の中でもたくましく育った実は、元々りんごが持っているミネラルやビタミンが豊富で、深みのある味わいになります。蜜が非常に多い品種としても有名なサンふじは、生のまま味わうことで、シャキッとした歯ごたえと、ジューシーな甘みを楽しむことの出来る品種です。ただ、この蜜は収穫から時間が経つにつれて果肉に吸収されてしまう性質を持っています。蜜がたくさん入った美味しいサンふじを味わうには、旬である11月ごろしかチャンスがないのです。


コメントを受け付けておりません。