リンゴ大好き

大好きリンゴのしゅるいについて

王林


10月の中旬ごろが旬と言われているのが、王林です。日本人にとって青りんごと呼んでいるほとんどがこの王林にあたるとされています。

 

王林はゴールデンデリシャスと印度というりんごから生まれた品種で、特に甘みが強く、保存性に優れたりんごです。福島県の伊達郡で生まれた王林は、地元の人にはナシリンゴやソバカス美人などと呼ばれていました。緑黄色の皮に果点と呼ばれるポツポツとした点がそう呼ばせていたのでしょう。しかし、あまりの美味しさにりんごの中の王様という意味を込めて、伊達農協の組合長が王林と命名したそうです。

 

肉質が緻密という特徴があり、食感はぼそぼそしたように感じることもあるかもしませんね。しかし、果汁が多く、酸味が少なく、甘みが強いことで、人気のある品種です。生産者のあいだでは、りんごの色づきに気をとられ過ぎずに栽培しやすいと好評なようです。こういった栽培のしやすさも手伝って、普及したとも言われています。袋を用いて傷を避けると甘みが少なくなってしまうので、基本的に袋を使った栽培はされません。サン王林というモノがないのも納得です。


コメントを受け付けておりません。