リンゴ大好き

大好きリンゴのしゅるいについて

新世界


りんごの多くは寒い地域で栽培されるのですが、温暖な気候でも栽培に向いているのが新世界です。群馬県などで良く作られているようですね。1988年に品種登録された比較的新しい品種でもあります。非常に鮮やかな紅色に色着く、見た目が美しいりんごです。表面の縞模様も特徴的です。

 

大きさはふじやつがるよりもやや大きく、酸味が少なめで甘みを強く感じる品種です。食味も良好なので特に根強いファンも多いようです。旬は10月中旬から10月下旬とされていますが、あまりの着色の良さに、早めに収穫されてしまう事もあるようです。熟成していない新世界は実が硬く渋みが強い為、美味しくありません。

 

また、熟すことでツルワレをおこしやすい特徴もあるために、早めに出荷されてしまう傾向が強いようです。新世界だけではなくりんご全般に言えることですが、ツルワレをしたところで決して味が落ちるわけではありません。むしろ、蜜や甘みが多いからこそ起こる現象なので、見た目だけを重視するのではなく、本当のりんごの美味しさが正しく広まってほしいものです。マイベストアップル、そう思える品種と巡り合いたいものですね。


コメントを受け付けておりません。